団体概要

 Model Production(東京学生英語劇連盟、以下MP)は、1967年、ブロードウェイでの舞台経験をもつフルブライト交換教授、故Richard A. Via 氏の指導のもと、 "演劇を通じて英語を学ぶ" という理念に基づいて設立されました。 その後はVia氏の推薦によりアメリカのプロ俳優養成学校で演技を学んだMP第1期生である奈良橋陽子氏によって理念が継承され、現在に至ります。 MPは加瀬亮、川平慈英、中村雅俊、藤田朋子、別所哲也、そして故 今井雅之、塩屋俊など、多くのプロの俳優を輩出していることで知られています。

 

 MPのキャスト・スタッフは、オーディションから日々の練習まで 全ての活動を英語で 行っています。 これは単に演技力の向上を目指すだけではなく、English Through Drama のメソッドを徹底し、コミュニケーションの手段としての生きた英語を身につけることを目指しているためです。 また、大学や年齢が様々であるメンバーが一致団結して、3カ月間という短い期間内で舞台を作り上げていくことも特徴です。 近年では毎年約100名の大学生が参加し、最高の公演を実現すべく日々練習に励んでいます。


創設者紹介 ~故 Richard A. Via氏~

Mr. Via first came to Japan for the performance of the musical “Hello Dolly” by an American cultural center hosted.  This involvement in Japan later led him to found Model Production (Tokyo Student Theatrical Organization) in 1967 where professional acting methods were adapted for Japanese university students.  Once a year, he worked on a “Model Production” performance, where he directed plays which could be a “model” for other performance activities in English.  This tradition of MP performance has continued until today.  Among his achievements is that this student organization has developed many professional actors, performers and international businessmen and educators.  He passed away in August 2008 at the age of 87, sorely to be missed.  However some of his last words were “I will live in all the students who will carry on MP!”


 アメリカ文化センターの招聘により、米国キャストによる Musical “Hello Dolly” 日本公演で、総合舞台責任者として来日。 それをきっかけに、日本の大学生にブロードウェイの演技方法を教えるため、1967年にMPを創設。 以来、“模範となる英語劇制作”を目指して年に一度公演、現在に至る。 学生の団体から、これほど多くの著名人を社会に送り出した彼の功績は大きい。 2008年8月に多くの人に惜しまれながら、逝去。(享年87歳)


Dear Dick,

What you have left for us is immeasurable. Your MP is here, as it was.

You will continue to live in us now and forever.  We would like to express our deepest gratitude.

Thank you.

 –-from all of MPers


あなたが私たちに残してくれたものは、はかり知れません。

今までも、そしてこれからも、あなたは私たちの中に生き続けるでしょう。

心より感謝の意をこめてここに表します。


総監督紹介 ~奈良橋陽子~

 外交官だった父親の仕事の都合で、5歳より高校までをカナダで過ごし、帰国。 聖心インターナショナル・スクール卒業後、ICU(国際基督教大学)にて言語学を専攻。 卒業後渡米し、ニューヨークのネイバーフッド・プレイハウスで演劇を学ぶ。 帰国後、演出家・作詞家として活躍、ゴダイゴの一連のヒットナンバーの英作詞などを手がける。

 

 英会話教育にも力を入れており、1974年にドラマを使ったユニークなメソッドの英会話教室MLSを設立、また数多くの教材を執筆・制作・監修。 1982年、企画制作会社(株)UPSを設立、自ら代表も務める。 国際的に活躍できる俳優の育成を目指しており、オダギリジョー氏、別所哲也氏、藤田朋子氏、今井雅之氏など数多くの国際派俳優を輩出。 また近年はハリウッド映画のアジア圏キャスティングディレクターを数多く務めている。

主な演出作品


~映画~

「ウィンズ・オブ・ゴッド」

(1995年松竹邦画系公開)

ゆうばり国際冒険・ファンタスティック映画祭

「ヤングファンタスティックグランプリ部門」審査員特別賞受賞

日本映画批評家大賞 最優秀新人監督賞受賞


~舞台~

ミュージカル「ヘアー」

(西武劇場、サンシャイン劇場公演)

スーパー・ロック・ミュージカル「MONKEY」

(松竹 / 脚本・作詞・演出)

ミュージカル「スター・シャイン」

(パルコ / 脚本・演出)

ミュージカル「チャーリーとチョコレート工場のひみつ」(六甲アイランドシアター:オープニング公演)

「THE WINDS OF GOD

(1993年5月 ニューヨークの国連本部での公演で「国連芸術賞」受賞)


主なキャスティング作品


「EMPIRE OF THE SUN(太陽の帝国)」

(スティーブン・スピルバーグ監督作品)

「SNOW FALLING ON CEDARS(ヒマラヤ杉に降る雪)」

「HONOLULU CRU」(ディズニー / ABC)

「THE LAST SAMURAI」(トム・クルーズ主演)

「SAYURI」(ロブ・マーシャル監督作品)

「バベル」(ブラッド・ピット主演)

「AMERICAN PASTIME」

「ラーメンガール」(プロデューサー兼任)

「終戦のエンペラー」(プロデューサー兼任)

「47 RONIN」(キアヌ・リーブス主演)

「ウルヴァリン:SAMURAI」(ヒュー・ジャックマン主演)

「マッサン」(NHK連続テレビ小説)

「UNBROKEN」(アンジェリーナ・ジョリー監督作品)




団体組織図

※年度により、編成が変わる場合もあります。